イメージング質量分析に関するアンケートへのご協力のお願い

 APDDでは、日本薬物動態学会からの委託を受け、企業研究者と規制側研究者から成る研究班(JAIMS)を設立し、米国イメージング質量分析学会(IMSS)と共同で検討を行っております。
  今般、JAIMSではIMSSと共同で、イメージング質量分析法の非臨床評価における利用の現状について、アンケート調査を企画いたしました。
詳細は以下の通りです。

・目的: 医薬品開発・評価において非臨床評価におけるイメージング質量分析法の利用の現状を把握し、IMSSとJAIMS共同で論文化を行うと共に、将来の学会ガイドライン作成の基礎資料とする

・アンケートの対象者: 現在、製薬企業において、動物を用いた薬物動態解析、バイオマーカー解析、毒性試験・実験における医薬品及びその代謝物、内在性物質等の定性及び定量的評価に、イメージング質量分析法を利用されている企業研究者個人(氏名はイニシャルでも結構です)

アンケートは、2020年9月14日〜30日まで、下記のWebアドレスにて、ご回答をお願いできますと幸甚です。
https://www.surveymonkey.com/r/IMS-Survey-JP?lang=ja

 ご多忙の折、恐縮でございますが、ご高配の程、何卒、よろしくお願い申し上げます。

一般社団法人 日本薬物動態学会 会長 斎藤嘉朗
一般社団法人 医薬品開発支援機構(APDD)代表理事 山崎浩史

 

 


 



ホーム
/  機構について / サイトマップ / お問い合わせ

©2007 APDD  All rights reserved.
当サイト内の画像及び文章を許可なく転載または使用することを禁じます.